2021.05.10

生地について

【生地ブランド】 Vol2. CARLO RIVA

生地の宝石〈カルロリーバ〉

イタリアにて創業し、幻の生地と称される、世界最高峰のシャツテキスタイルメーカーのひとつCARLO RIVA(カルロリーバ)。

カルロリーバがなぜそこまで良いとされるのかは、創業当時から守り抜いているモノづくりの信条から伝わります。

織り上がった時の風合いを良くするために、ワインやブランデーのように糸を熟成させたり、旧式のシャトル織機と呼ばれる低速織機を使って、ゆっくり織りあげていくなど時間と手間をかけた生産工程。そのため、生地生産量が限られますが、数量ではなく、本物・最高のものしか作らないという創業当時からの信条を守っているテキスタイルメーカーです。

旧式シャトル織機って、何が良いの?
旧式シャトル織機の良さは、細い糸で生地密度を高くして織っても、ゆっくりと織り上げていくため、生地本来の柔らかさや質の良さが保たれます。それに比べるて現在の織機は、早く織り上がりますが、着用するとシワが固く入ったり、生地本来の良さが失われることも多いそうです。

CARLO RIVA(カルロリーバ)の生地の特徴

なんといっても着用した時の独特なドレープ感や、エレガントな立体感。
そして、見る人が思わず「シルクのシャツですか?」と思うほどの佇まいです。

イタリアでしか織れない(=表現できない)セクシーな生地であるともいわれていますね。

葉山シャツでは、初めて着用したお客様が、「これすごいですよ!」と喜びのお電話をいただくことがあります。カルロリーバの生地は、着る人が思わず唸ってしまい、誰かに伝えたくなるほどの良さなんです。

それに、よくお客様からもこの生地は何番手ですか?とご質問をいただくので、確認してみたりするのですが、だいたい分からないです。触って着て感じてみて!という、自信しか感じない。それがCARLO RIVA(カルロリーバ)ですね。

カルロリーバ―の中でも特におすすめの生地

断トツで! SUPER RIVA(スーパーリーバ)です。

織りも美しい。
色も美しい。
質感も良い。
耐久性も良さそう。
なにより着心地抜群に良さそう。

とにかく良いので、ぜひ一度お袖を通してみてください。
価格はそれなりにしますが、一着は試してみても良いと思います。

葉山シャツのオーダーシャツについてはこちら
http://www.hayama-honten.com/order/

 

Related Posts

  • 2021.05.10

    生地について

    【オーダーシャツ】生地を選ぶときの基準

  • 2021.05.10

    生地について

    【生地ブランド】Vol3. DAVID&JOHN ANDERSON

  • 2019.10.03

    生地について

    【シャツ】カスタムオーダー生地のご紹介